未熟をアピールしていた頃の話

私は以前にも開業を目指したけれど出来ませんでした。

15年位前にトールペイント講師の資格を取って教室を始めたのです。

FacebookもTwitterもなく、やっとブログが出来た頃です。

ホームページは作ったけれど、足と口を使っての営業が主流派。

カルチャーセンターに売り込み。

チラシを自宅前に置く。

店先で体験教室を開かせてもらう。

フリーペーパーに広告を載せる。

スペースを借りて一人展示会。

思いつくことを地道にやりました。

人と関わるのが苦手な私は、営業がめちゃくちゃ苦痛でした!!

全く反応ないことなんてしょっちゅう。

あったらあったで、本当に私でいいの?と思ったり。。

結局家庭の事情で続けられなくなり、3年位で教室は閉めました。

残念なような、ホッとしたような、

複雑な気持ちでした。

最近、その時のことをよく思い出します。

あの苦痛はなんだったのか?と。

自信がないのに自分を売り込まなきゃいけない。

思いっきり未熟者をアピールしてました。

そりゃお客さん来ないわ。。笑

そしてお金を頂くことの罪悪感も。

今はどうでしょうね?

完全ではないけれど、かなり減りました。

やったことないから自信なくて当然。

金額はお客様自身の価値と考えてみる。

あの頃とは違うアプローチが出来そうです。

行動なしでは何も始まらないのはもちろんですが、

その前に心を整えておくのは大事ですね。

そして失敗するとネタが増える!

だから転んでも大丈夫(≧∇≦)

さて、今日はカフェ会に参加してきます。

時間を間違えて早く着いたので、駅のベンチでブログ書きました♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です