心の世界に出会うまで

幼い頃から自己嫌悪感に苦しみ、消えてしまいたいと思いながら鬱々とした10代を過ごす。

短大卒業後は貿易事務の会社で7年働き、結婚を機に退職した後も派遣職員として外資系の会社などで貿易事務を1年間続ける。

29歳で双子を出産し、育児の傍らパッチワークを独習、続けてトールペイントの講師資格を取得。自宅や公民館でパッチワークやトールペイントを約8年教える。

経済的な事情により手芸から離れて福祉系の会社に就職し、経理事務を8年を経験。

フルタイムの仕事と家事や子育てに追われながら、この先の人生をずっと自分を嫌い憂鬱に過ごすのは嫌だという考えが浮かぶようになる。

ある日Facebookで見つけたひとり言セラピー®の「自分で自分を癒す」という言葉に惹かれ、講座に参加したことをきっかけに心のしくみに非常に興味を持ち、本格的に学ぶようになる。

頑なだった心が徐々に解きほぐれ、世界の見え方や感じ方が激変し、自己嫌悪感から解放された。この経験を生かして、「誰でもいつからでも自分を好きになれる」ことを伝えたいと考え始める。

活動内容

2017年2月に一般社団法人ひとり言セラピー協会の認定セラピスト(現スペシャリスト)になり、同年4月に会社を退職。

2017年4月、自然治癒力学校ibマッピングベーシック講座を受講し、50人無料マッピングにチャレンジ。9月にibマッピングコミュニケーターとなる。

2017年8月、潜在数秘術協会で潜在数秘術®を学び潜在数秘術®マスターとなり、10月より鑑定を始める。2018年5月、潜在数秘術®リーディングカードセラピストの資格を取得。

2017年9月よりJEARA(一般社団法人日本アート教育振興会)で写真を学び、2018年1月にプラクティカルフォト1級を取得。ポートレートを撮影するお散歩フォトセッションのモニターを募集開始。

現在は潜在数秘術®、写真、ひとり言セラピーなどを使ったオリジナルのセッションを行っている。

活動拠点は埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県(ネットによるセッションは全国どこでも可能)。